Webライターがブログを書いてみて

Webライターがブログを書いてみて

こんにちは。Rakiaです。

今回のテーマはこちら!

「Webライターがブログを書いてみて」

 

私は普段WEBライターとして仕事をしています。

その私が、2018年の6月末からブログを書いてみて思ったこと・難しかったことなどを紹介します。

 

今後ブログを書こうか悩んでいる方、今ブログに行き詰っている方に少しでも何か伝わればと思っています。

それではいきましょう!

Webライターとブログ

 

私は「ライティングもブログも文章を書くという点では同じ」と思っていました。

Webライター

しかし今になってその考えが甘かったことを理解しました。

ブログを書くのがつらいということではありません。

しかしライティングとブログは全く違うものなので、今までにない悩みが増えたのです。

 

ここからはライティングとブログがどのように違うのか見ていきます。

 

テーマが与えられているかどうか

 

最大の違いは「テーマが与えられているかどうか」です。

 

ライティングの場合は基本的にクライアントがテーマやキーワード、場合によっては見出しまで指定します。

私たちライターはそれに則った記事を書くことが求められます。

 

それに対してブログは、それらすべてを自分で考えなければなりません。

そのキーワードがどれくらい検索されているか、どれくらいの集客を見込めるかなどを勘案した上で記事を書きます。(あくまでブログで収益を上げようとしている場合です)

 

「すべて自分で考える」という点を楽しめるかがブロガーにとって重要な資質と言えるでしょう。

 

サイトの立ち上げ自体も自分で行う

 

ブログを書く場合、まずはサイト自体を立ち上げなければなりません。

私のように有料のサービスを使うか、もしくは無料のサービスにするか。

サイト名はどうするか、サイトのテーマはどうするか。

サイトのデザイン、配置はどうするかなど「記事」以外の部分も自分で決めます

 

ライターであればそれらを行うことはほぼありません。

場合によっては、その記事がどの媒体に載るものなのかも知らされません。

 

報酬の形態

 

ライターは1記事書くごとに報酬が発生し、それをいただくことになります。

その記事が実際に人に読まれるかどうかはあまり関係ありません。

(多くの方に読まれることによって、継続的に依頼を受けやすくなるので、読まれる記事を書くということはとても重要です)

 

それに対してブログの報酬形態は大きく異なります。

そもそもブログは報酬を受け取るまでにいくつもの壁があります。

報酬を得る方法には「広告収入」や「アフィリエイト収入」などがあります。

 

どんなブログでもこれらの収入を得ることができるわけではなく、一定の条件を満たしたうえで申請をし、合格しなければなりません。

作ったばかりのブログでは難しいでしょう。

 

同じように記事を書いたとしても、収入を得るまでの時間や労力はブログの方がはるかに大きいです

 

周りとの対比

 

多くのブロガーがTwitterやFacebook等の「SNS」を使って自分のブログの紹介や情報発信をしています。

例に漏れず私もしています。笑(フォローお待ちしています)

 

SNS経由で私のブログを読んでくださる方も多く、SNSを利用することは大きなメリットです

 

しかし、それと同時にSNSを利用することで周りとの差を意識することも多いです

「今月の収益はどれくらいだった」「PVがどれくらいまでいった」という情報も流れてくるからです。

 

SNSを活用する時は、「よそはよそ!うちはうち!」という信念を持って利用することが大切です。

 

ブログの難しさ

 

ここで現時点で感じている「ブログの難しさ」について紹介します。

ブログ

「難しさ」と表現すると「ブログ=難しいもの」と感じてしまうかもしれませんが、個人的にその難しさこそがブログの「面白さ」だと思っています。

ぜひそこを感じていただければ。

 

サイトの立ち上げ

 

多くの方が最初につまづくのが「サイトの立ち上げ」です。

先ほど説明した有料or無料だけでなく、ドメインをどこで取得するかサーバーをどこで借りるかなど、いろいろなことを考えなければなりません。

 

ブログテーマを考える

 

ブログのほとんどは「テーマ」があります。

このブログであれば、「多くの人の悩みを解決する」というのがテーマです。

 

テーマによって想定する読者層が変わりますし、文体なども変えなければなりません。

テーマをしっかりと考えることができなければ読者を獲得することは難しいでしょう。

 

収益を上げる

 

ブログを書く上でもっともハードルが高いと考えられているのが「収益を上げる」ことです。

 

例えば広告収入を得る場合、Google Adsenseなどの厳しい審査に合格した後、記事に広告を貼りそのページが閲覧されることによって収益が発生します。

 

この審査の合格基準は分かっていません。

あっさりと合格する人もいれば、何回トライしても不合格となる人もいます。

 

収益が発生するまで数か月~半年かかるのは当たり前なので、その間に心が折れてしまったブロガーさんも多いはずです。

 

継続する

 

ブログを書く上で「収益を上げる」ことが難しいと考えられていることは先ほど説明しました。

しかし、私は「ブログを継続して書き続ける」ことがもっとも難しいと考えます。

 

私は収益が発生するまでの期間(ブログ収入が0円の期間)が長すぎて挫折した方を何人も知っています。

ちなみに、私も1度挫折しています。1年ほど前に30記事書いたブログを1度閉じています。

 

続けることの難しさはブロガーさんであれば理解していただけるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

まず第一に伝えたいのが「ブログを始めて良かった」ということです。

SNSを通じていろんな方とつながることができますし、ブログを読んでくださった方からのメッセージには心躍ります。

 

自分が伝えたいと思っていることをすべて伝えられているかは分かりませんが、1人でも多くの方に読まれるブログを作っていきたいと思います。

 

これからもよろしくお願いいたします。

 

お読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です